登山ブログ

角田山は登山初心者におすすめの山 その理由と魅力を解説

さて、新潟県にお住まいの方で、登山をはじめてみたいと思っている方、登山初心者を連れていきたいけどどこの山を選んでよいか分からない方!

 

そんな課題を抱えている方に必見です!

角田山登山回数、恐らく50回以上(笑)・・・及び角田山の全コースを知り尽くしている私だからこそお伝えできる、角田山の魅力がぎっしり詰まった内容をお届けします。

 

まず、角田山(新潟県の山)ってどんな山?

角田山の所在地

 

新潟県の西蒲区に位置し、日本海に面する山です。

まあざっくり言うと新潟県の中心よりといった感じですね。

 

日本海に面していることもあり、灯台コースと呼ばれる登山口は、なんと海抜0mの海岸からスタートできる極めて珍しい登山コースとなっております。

また、この角田山の山域は国定公園にも指定されており、山の魅力がぎっしり詰まった山だと言えます。

 

角田山の標高とおおよその登山コースタイム

角田山の標高は481.7mで、認定されているコースだけで7種類ほどのルートを楽しめます。

全体コースの平均コースタイムだと、おおよそ1時間半~2時間くらいといった感じです!

 

短いコースですと1時間もあれば、初心者でも十分登れるコースもありますよ!

 

なぜ登山初心者は角田山が良いのか?

比較的短い時間で登山が出来る

先ほども紹介しましたが、この角田山の登山コースの平均タイムは約1時間半~2時間程度といった感じになっております。

とくに短いコースは稲島コースと呼ばれ、約1時間少々といった感じになります。

 

こちらのコースは早い人だと40分もあれば十分に山頂へ到達できる最短コースですね!

階段が続くコースですので、歩きやすいですが平らな場所が少なく山頂まで一気に登りきるような感

じなので、ゆっくり楽しく登りたい方は他のコースをオススメします!

 

さっさと済ませたいかたは稲島コースが良いかと思いますよ♪

初心者の方でも、ゆっくり登ればちょうど良い感じの登山になるかと思います。

 

山頂はストレスフリーで快適に過ごせる公園

 

ご覧のとおり、角田山の山頂付近は広い公園となっております。

どれだけ登山客が訪れようと座る場所がなくなるってことはないでしょう!

好きな場所でシートを広げてランチを食べたり、お昼寝したりと魅力たっぷりと山頂です。

 

初心者の方にとっては、山の第一印象はすごく大事です。

良い印象をもって頂くためにも、山頂をピクニック感覚で楽しめる角田山が良いのかなと思います。

 

登山道整備が行き届いているので初心者でも歩きやすい

どこのコースを歩いていてもそうですが、基本的にはよく整備されいて非常に歩きやすいです。

道幅も広いですし、藪が覆い茂るなんてこともなく快適に歩けます。

山岳会の方や、登山好きな地元の方が定期的にやってくださっているようなので、この活動に感謝です。

 

雪割草やカタクリなど、美しく綺麗なお花がとても豊富

 

角田山の魅力をお伝えするのに欠かせないのが、新潟県の草花に指定されている雪割草、そして同じ草花のカタクリの存在です!

早春の春、3月中旬~4月上旬にかけて、この山ではあらゆる草花は顔を出し始め楽しませてくれます。

 

これを見たいがために県外から来られる登山客もいらっしゃるくらいですよ!

特に、この角田山でみられる雪割草は花の色や形、そして大きさなどが異なり、多種多様な姿を見せてくれます。

もともと同じ花であっても変化の多い雪割草ですが、この角田山は特にその変化が多いですね(^'^)

初心者の方は、木や花をみてもよく分からないと思いますので、だれか詳しい方に引率してもらうと山の楽しみや魅力は100倍アップしますよ(笑)

 

怪我や病気といったトラブルが発生しても対処しやすい

山頂までのアプローチが短く、短時間で登れてしまう角田山は、万が一トラブルが起きても対処できる山です。

例えば、足首を捻挫してしまっただとか、気持ち悪くなって動けなくなったり、持病が発症してしまったりなど、自分自身が動けなくなった時に、他の登山客の協力を得て下山をしたり、救助を呼んでもらったりなど出来ます。

 

そこそこ力持ちの方がいらっしゃれば担いで降りることも出来るでしょうし、無理でも救助隊が比較的短時間でかけつけてくれるでしょう!

また、万が一遭難したとしても、他の山と違っていずれかの方向に進み続けていれば必ず道路にぶち当たります!

 

他の山と違って、角田山の周囲には日本海、そして集落があり、どこかに突き進んでいれば必ず山が終わり、その山の終わりには道路が存在します。

言ってみれば、角田山の周囲は道路が一周しているといっても良いかもしれませんね(^'^)

 

他の山では命取りになる行動でも、この山なら必ず出口存在します。

まあだからといって闇雲に動き回って沢に転落したりしないように注意が必要ですよ!

 

危険な野生動物がいない

私が最も安心安全だなと思うのが、熊やイノシシといった人間の脅威となるモンスターがいないことですね!

 

近年の山で熊と遭遇するなんてニュースをよく耳にしますが、この山ではその心配が一切ありません!

だから山鈴をもっていく必要もありませんし、ビクビク怯える必要もありませんよ(^'^)

山の知識や経験のない初心者の方も安全に登山が出来ますのでオススメします!

 

一応、気を付けておきたい角田山の注意点!

この山は、たくさんの登山客でにぎわいますが、中には毎日のように登ってらっしゃる方、毎週のように登ってらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

 

そのような方からすると、この山は自分にとって非常に愛着が強いものになります。

そのような山で彼らの常識はずれな行動をすると、その方々に普通に怒られたり嫌な顔をされたりします。

 

なにが常識はずれなのかは、その人によって大きく変わるのでよく分かりませんし、特に角田山で厳格な法律やルールに触れているわけではないのに、勝手な理由で言われてしまうこともあるかもしれません。

 

もちろん、ごみをポイ捨てしたり、勝手に木を切り倒したりすればマナー違反ですし、樹木に損傷を与える行為は器物損壊罪に問われることもあります。

角田山は国定公園でもありますが、私有地も多く含まれています。

 

もしかしたら、地主の関係者であるかもしれませんので、他の山でできる行為でも、この山ではおとなしくしていた方が無難ですね。

 

管理人オススメの角田山登山コースルート!

 

私の個人的にオススメの登山コースは、ほたるの里コースになります。

 

山野草も豊富で雪割草やカタクリも多く自生していますし、明るい尾根歩きが続くコースですので気持ちよく歩けますよ!

距離がやや長めのコースですが、一気に登り切ってしまうコースではなく、ゆっくりと登れるコースですので初心者にもおすすめです(^'^)

コースタイムは約1時間半~2時間くらいです。

ゆっくり登るよう意識しましょう。

 

灯台コースのような景観に優れているコースではありませんが、早春の時季にくると、まだ芽吹きもこれからで樹木に葉がついていないので、そこそこ景色も堪能できるものかと思います。

 

以上、初心者でもお手軽に登れる角田山の魅力についてでした!

 

-登山ブログ
-,

© 2020 Dr.k 山岳グルメ登山ブログ in 新潟 Powered by AFFINGER5