春の妖精 里山お花見トレッキングツアー at 角田山&弥彦山

『春の妖精(スプリングエフェメラル)里山お花見トレッキングツアーの概要です!』

 

『開催予定地』

:角田山、弥彦山のいずれか

※花の開花状況により開催地を変更します。

 

 

『集合場所』

:角田山の場合は『ほたるの里登山口』に9時集合

:弥彦山の場合は『弥彦神社第一駐車場』に9時集合

 

 

『持ち物』

:登山靴、帽子、手袋、レインウェア、防寒着、飲料水(約1L)、どんぶり、お椀、コップ、箸、ゴミ袋、ティッシュなど。

 

 

『ランチメニュー』

:カレーライス、ベイクドチーズケーキ、コーヒ&紅茶

※メニューはあくまでも予定です。

 

 

『以下、このツアーの魅力についてお伝えします♪』

 

季節とは面白いものです。

春、夏、秋、冬と日本には四季があります。

 

毎年同じサイクルで訪れる四季ですが、常に新鮮な気持ちで迎えることが出来、私達はそれを待ち遠しく思えたりします。

 

 

春なら桜が開花する時期で、お花見を楽しみにしている方がいます。

夏はレジャーが盛んになり、海水浴を楽しみにしている方がいます。

 

秋はお山の彩りの魅力に引きつけられ、紅葉狩りを楽しみにしている方がいます。

冬はウインタースポーツの季節、ゲレンデが賑わう季節です。

 

 

毎年同じことの繰り返しではありますが、新鮮な気持ちで迎えられるのは時季限定で特別な価値があるからでしょう!

 

 

皆さんは、一年のうち『これだけは絶対にやっておきたい!』

そんなことはありませんか?

 

 

私は春先になるとワクワクしてきます!

なぜなら春は、季節で最も変化が大きく、寒い季節が終わりを迎え、息をひそめて過ごしていた動物や植物たちが勢いよく姿を現すからです。

 

 

春の妖精 スプリングエフェメラル

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが本題です。

私が皆さんにオススメしたいのが、里山の雪どけとともに地表から現れるお花『春の妖精』をその目で見ていただきたいのです。

 

『春の妖精』一般的には『スプリング・エフェメラル』と呼ばれ、スプリングは春を意味し、エフェメラルは束の間、はかないといった意味

があります。

 

つまり、【春のはかない】【春の短い命】などの意味から『春の妖精』といった神秘的で尊い存在のように扱われるようになりました。

 

春の妖精の起源を知る

 

では、なぜ私が『春の妖精』を皆さんにオススメするのか?

春の妖精と呼ばれるお花はたくさんあります。

 

そして、それぞれ名前があり、私達人間とおなじく、その名がついた理由や由来があるのです。

 

 

ことさらに、私達が子供から大人になるにつれて、様々な試練や苦労と向き合い成長を繰り返してきたように、植物達も同様に過酷な環境に耐え続けて今があるのです。

 

 

地球が誕生してから約47億年の歴史がこの世界にはあります。

人類の歴史等とはたかが数十万年のレベルですが、植物は億単位の歴史を刻んできている大先輩です。

 

そんな大先輩から学ぶことはとても多いのです。

 

植物には、その場所、その時間、その環境で生きている理由があります。

そして、その名前にも理由があります。

 

 

ただ目の前に咲いているお花を見て『なんて綺麗なお花なんでしょう』で終わらせるのではなく、そのお花の歴史を知ることで、より一層植物の面白さや奥深さを感じることになるでしょう!

 

 

それを、私が得意とするグルメ登山とコラボして出来たのがこの企画です。

 

 

植物の素晴らしさを知り、美味しい料理を山で食べる!

『これほど贅沢なことはないでしょう』ってくらい私が自信を持ってオススメするツアーです!

 

私が絶対にやっておきたいこと

 

 

話しを戻しますが、一年のうち『これだけは絶対にやっておきたい!』

私の場合、『春の妖精 里山お花見トレッキングツアー』

にあたるわけですね。

 

 

私個人が見て楽しむのも良いですが、やはり人に伝えることこそ本当の面白さがあり、自分のためにも人のためにもなるものです。

 

 

『このツアーに参加して本当に良かった!』

そう思って頂けるように頑張りますので、是非お越しくださいませ(^.^)

 

 

※参加ご希望の方は、本ページの問い合わせにてメッセージをください!

今後の開催日程など連絡致します。

 

 

登山ガイド Dr.k

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月23日

Copyright© Dr.k 山岳グルメ登山ブログ in 新潟 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.