バックカントリースキーブログ

【巻機山】テン泊バックカントリースキーツアー

 

今シーズン最初のブログ更新です。
ここ近年は、一年に一度の更新ペース…

それでは駄目だと思いながらも気づくと一年経過…
でも今年こそは更新します!

まずは2回以上を目標に(笑)
と、言うことで、さっそくレポートです。

 

先月に巻機山に泊まりのバックカントリーに行ってきました。
メンバーは私を含めて3名。

 

Dr.k(私)、常連の若者N様、そしてH氏様、お二人ともクライミング等でも馴染みのある参加者です。
お二人とも山での戦闘能力は十分に分かっているので、かなり緩い感じのツアーです(笑)

 

とりあえず、このツアーは登って滑るだけでなく、当然ながら食べる事が最大の目的…
と、思ってやってますので当然ながら登って滑るのはお腹を空かせて美味しく食べるための手段です!

 

クーラーボックスにぎっしり詰まった食材達を荷揚げします!
基本、私が背負いますが、全部は困難なので無理のない程度に手伝って頂きます。
全ての食材達をザックに収納し、いざ出発!

残雪も賞味期限ギリギリな感じでしたので、まあ上記の写真のようにギリギリな箇所がいくつかあったりなんですね…
数か所で板を脱ぐ場面もありましたが、特にストレスを感じるレベルでなありませんでした。

まあ問題は、とにかくガスガスでテンションがなかなか上がらないところですかね(汗)
一応、晴れ予報ではあったものの、冬型の気圧配置が少し残っていたため、山の天気は良くも悪くもない感じ…

しかし、本日お泊りするベースキャンプ地までたどり着くと…

少しですがガスが晴れてきました!!
ちょっと期待出来そうな予感を感じつつ、ベースを作り昼食の準備です。

昼食は以下のメニューです。

完全に見た目は焼きそばに見えますが、これは野菜味噌ラーメン(味玉付き)です!
テント作成で忙しかったお二人が食べるタイミングを逃したため、麺に汁が全吸収されたためです。
そして私は天気も良くなってきたため至福のビール!

なんて飲んでませんよ!これから案内があるのでね…少しだけ味見程度になんて…
飲んでませんよ!

ベースを後にし、主稜線へと向かう

そして、ニセ巻機に到着し滑走準備!

まずは私が滑ってみます。(奥の小さいヤツが私)

そして後者にいたHさんも滑走
最後に若手のN様も御滑走して頂き、3人の滑ってみた感想…
う~ん…いまいちですね…ってかダメです。

 

朝から陽がほとんど照らなかったため、東斜面で、やや南向きではあったもののクラストしてダメダメ
登り返してベースへ戻り夕食の準備です…戻る際の斜面は軟らかくて良かったです。
ただ、良すぎて滑る予定でなかった斜面を思わず滑ってしまい、夕暮れギリギリに…反省してます(汗)

ガッツリ荷揚げをし、ガッツリエネルギーを消費したので『お腹空きすぎてヤバイです』、とお二人…
今気合い入れて作ってますので待っててくださいね!
と、作ったのが以下のメニュー

 

ガッツリ野菜&餃子鍋と、味噌漬けチキンの炊き込みご飯です。
と、先ほどの飲みかけようとしていたビールで乾杯!
登っている時よりも滑っている時よりも、やっぱりこの瞬間が最高ですね!

 

恐らく、5人前はあったのではないかと思われる夕食材全てを胃袋に詰め込み、明日に備え就寝。
私はツェルトで就寝…しかし、夜中に風雪に遭遇し、ベンチレーションから侵入した雪が顔面を直撃。

 

『まあ、豪雨のツェルト泊に比べたら全く大した事ないよね』って事で思ったより快適にぐっすり寝れました。
そして、夜明けまで雪は降り続き、本来なら朝一に移動を開始する予定だったが、山はガスガスなためベースで待機。
とりあえずは朝食を作り、ガスが晴れるまでゆっくり朝の優雅な時間を過ごす。

昨日、あれだけ食ったのに、朝も目玉焼きトーストに昨日の残った炊き込みご飯を胃の中に流し込む。
そうこうしている間に、気付けば麓から登ってきたスキーヤーを発見!
もうそんな時間かと思っていると…

太陽が顔を出してきた!
よし!行くぞ!
と、即座に準備をし山頂へ!

ところどころ良い感じではあるのだが、やはり日差しが弱く 時折、雲間から覗き込んでいるレベルで、クラストを解除するほどの強さはない…

山頂へ着く頃までには緩む事を期待するも…

とりあえず、ケルンの積んである山頂まで到着!
予定では、これから国境稜線を超え、群馬県側へ落とすつもりだったが…
ガスも思った以上に濃く、クラストも解除されないのでベースへ引き返す事を選択。

 

しかし、そのベースへの帰り際にちょっとしたアクシデント…
まあ、その事については既にご存知の方もいらしゃるので、ここでは特に述べません。
知りたい方はフェイスブックへ飛んでください(笑)

ベースに到着し、本ツアー最後の食事です。
最後にして最高の贅沢メニューです!
まずは牛のサーロインステーキ!

キッチンバサミで切り分け食す!

チキンの味噌漬けソテー

最後は、同じく味噌漬けした豚肉と玉ねぎを炒め、それを白米にのせ、豚丼の完成!
滑りはいまいちだったけど、4食は完全に食いつくし、食事面では完全勝利です!

 

お二人とも、食事に満足して頂けたようで良かったです。
滑りが満足にいかなくても、このツアーは食べる事が最重要なので、私が飯作りで失敗しない限り、このグルメ登山ツアーは案外万能なのかなと思ったり(笑)

最後は、ベースを破壊し、他の登山客の迷惑にならないよう跡形もなく撤去します。
雪洞もそうだが、万が一にスキーヤーが知らずに雪洞に突っ込んできたりする事もあるので、必ず作ったものは壊して帰りましょう!

 

特にガスガスの時は視界がきかないので更にリスクが高まるのでね!
ベースを撤去し、全員問題なく麓まで下山出来ました。
今回で私も滑りおさめとなりましたが、皆様、また来年もどうぞ宜しくお願い致します。

-バックカントリースキーブログ

© 2021 Dr.k 山岳グルメ登山ブログ in 新潟 Powered by AFFINGER5